洋食の入口ナポリタン

ピーマン、玉ねぎ、マッシュルーム、ベーコンまたはソーセージとトマトケチャップ(トマトピューレ)を絡めた日本人なら誰でも知っているスパゲッティ・ナポリタン。
ナポリとはイタリアの都市、スパゲッティはイタリアの料理だからというわけで適当にイタリアの都市名を付けてしまったのか、それとも元々ナポリの料理なのか、やはりナポリの料理なのだろう。
と、思いきや、日本生まれの純日本のスパゲッティなのだというのだから驚きである。

その発祥は横浜。
横浜ホテルニューグランドのメニューに、昭和9年(1934年)に初めて登場する。
そのメニューに「Spaghetti Napolitaine」と記載されていたそうだ。
イタリアのスパゲッティにスパゲッティ・アッラ・ナポレターナという似かよったものがあるようだが、これとは似て非なるものだそうである。

そもそも、ナポリという名称がトマトを表しているともいえる。
トマトがアメリカ大陸からスペイン経由でナポリに伝わったことが発端ではないだろうか。
さて、日本のナポリタンは、横浜から東京に広がり、当初はホテルレストランのメニューにしかなかったが、これがまたたく間に街の洋食屋にも広がった。
シンプルだが奥深い旨味があり、日本人であれば誰でもなじみ深いナポリタン。
急に突如として食べたくなる。

私などは、遠い昔に田舎の百貨店の最上階にあるレストランで、祖母と一緒に食べたナポリタンの味とともに、その時のことを思い出す。
懐かしさと共にあるナポリタンは、私たち日本人にとって切っても切れないものなのではないだろうか。
多くの人々の懐かしい思い出とともに。

タイトルとURLをコピーしました