浴衣の真実

浴衣(ゆかた)を『きもの』と勘違いして外出している人を多く見る。社会的にも和服のきものとして販売され、認知されている風潮がある。
浴衣とは、その字の如く風呂上りに体の水気を拭うための着物であり、バスタオルやバスロープと同じ用途をなすものだ。
浴衣は襦袢(じゅばん:和服の肌着)など下着を着用せずに直接着るもので、帯は兵児帯(へこおび: 三尺とも言われる布の帯)を着け、現在流行っている角帯(固い帯)は本来着用しない。女性も同様だ。
いつからか襦袢や角帯を着け、雪駄(せった)を履いて街中へ外出するようになってしまったが、本来それはバスロープや寝間着のまま外出しているのと同じなのだ。
ただ、そうは言うものの、服装は時代と共に変化するもので、狩衣(かりぎぬ)がいつしか半裃(はんかみしも)に変わり、半裃から裃に変化したように、形や用途を変えていくものなのかもしれない。
文化とはそういうことなのだろう。
ただ、本来の意味は知っておくに越したことはないと思う。

タイトルとURLをコピーしました