日本政府が「朝鮮」のために尽くしたこと

36年間にわたり日本政府は「朝鮮」を併合し、日本国として生活向上と近代化を進めた。
なのに「南北朝鮮」は日本政府に対して感謝するどころか、何を思ってか自国の歴史捏造により誤った認識をもち、今もなおその誤った捏造された歴史を小学校、いやそれより低年齢の頃から教えている。
「南北朝鮮」は日本国と仲良くしようとか、手を携えようとか、友人だとか、口では言っているが、そんな気は毛頭ない。
あるのは根も葉もないでっち上げられた無駄な憎しみと卑屈さだけなのであろう。

なぜ学習しようとしないのか、日本人の中にもそういう愚かな輩はいるが、なぜ前を向き、真実を知ろうとしないのか、私は不思議でならない。

日本政府が「朝鮮」を統治したお陰で、
人口が2倍に増え、24歳だった平均寿命が30年以上伸び、人口の30%を占めていた奴隷(奴婢)が解放され、幼児売春や幼児売買が禁止され、家父長制が制限され、家畜扱いだった女性に名前が付けられるようになり、度量衡が統一され、忘れられ使われなくなったハングル文字が福沢諭吉先生らによって整備され、標準朝鮮語が定められ、朝鮮語教育のための教科書や教材が大量に作成され、5200校以上の小学校がつくられ、239万人が就学して識字率が4%から61%に上がり、大学や病院がつくられ、カルト呪術医療が禁止され、上下水道が整備され、日本人は徴兵されて大勢死んだが朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されず、内地の勤労動員だけで済まされ、志願兵の朝鮮人が戦死すると日本人同様に英霊として祀られ、100キロだった鉄道が6000キロも敷かれ、港がつくられ、電気が引かれ、会社がつくられて貨幣経済に転換され、2階建て以上の家屋がつくられ、入浴する習慣が指導され、禿山に6億本もの樹木が植林され、溜池がつくられ(現在ある溜池の半分以上は日本製)、道路や川が整備され、耕作地を2倍にし、近代的農業を教え、1反あたりの収穫量が3倍になり、男児を産んだ女性が乳を晒しながら日常生活することがなくなり、便所がつくられた。

まだまだあるが、感謝されこそすれ、恨まれる筋合いなどない。
プライドだけは無駄に高い朝鮮人は、上述の事実を受け入れた上で、ただ卑屈になって認めたくないだけなのだ。

しかも、「朝鮮」と日本は戦争などしていなかったではないか、なのになぜ日本を敵視し、「対日戦勝記念日」を制定しているのだろう。
本当に不思議な半島である。

今あるものすべてが日本製なのに、日本製品を排除するとかいっているが、それ自体自国の存在を否定していることになるのではないか。
おかしな人々だ、同じ人間とは到底思えない人たちだ。

タイトルとURLをコピーしました