職業とは?仕事とは?

職業にはそれぞれに役割があり、その役割に従って働いている。
その職業や仕事の内容に上下はない。
どの仕事も、どの職業もこの世になければならないものであって、なくてよいものなどないと思っている。

土木建築の建設業がなければ道は造られず、治山、治水ができず災害が発生し、住居やビルなど建物が造れない。
銀行がなければ送金ができず、預金も安全にできないし、資産運用も滞ってしまう。
医者がいなければ病気や怪我が治癒せず。
清掃業者がいなければ衛生環境が悪くなり、公務員がいなければこの国の行政は滞り、政治家がいなければ国家は滅びてしまう。
みんなそれぞれに役目がある。

どんな仕事も誠心誠意務めることが重要である。
会社の人事異動で閑職に配置されてしまうこともあるだろう、その閑職といわれる部署も必要だから存在しているのだ。
腐らず、誠意を以て一所懸命務めなければ己を貶めることになってしまう。

とかく大企業に勤務していることを笠に着て、他の職業や会社を見下す者たちがいるが、そんなくだらんことは止めた方がよい。
何と小さいことか。
大企業に勤めていることなどたまたまなのである。
いつ自分もその地位から転げ落ちるとも知れない。

仕事とはそれぞれに尊く、働く即ち傍(はた)の人々(親兄弟など周りの人々)を楽(らく)にさせることだからである。

タイトルとURLをコピーしました