ロサンゼルスの交通事情

私は毎年ロサンゼルスでレンタカーを借りて縦横無尽に走り回っている。
もうかれこれロサンゼルスに行くようになって約20年になる。
20年前から一貫して、某日系レンタカー会社のお世話になっている。
安価だからとの理由もあるが、車両はいつも綺麗で、きちんと整備されており、スタッフの皆さんの対応も非常に良い。
何より日本語で会話が出来る。
私はカリフォルニアの免許証を所持しているので、その免許証で借りることができるが、日本からの旅行者は、予め国際免許を取得する必要がある。
また、さくらレンタカーでは、クレジットカードがなくても所定のデポジットを支払えば現金決済も大丈夫だ。

アメリカは右側通行、運転席は左側、方向指示器とワイパーも日本とは逆。
うっかり逆走しないように十分気を付ける必要がある。

赤信号でも右折できるが、場所によっては赤信号時右折禁止の所もあるので、標識をよく確認する必要がある。

ガソリンスタンドは、大抵セルフである。
クレジットカードはOKだが、日本のクレジットカードはなぜか使えない。
クレジットカードをスキャンするとジップコード(郵便番号)を求められ、まあこの時点で使用できないことを知ることになる。

では、クレジットカードが使えない場合はどうするか。
キャッシャーに行って現金で支払う。
その方法は以下の通り。

停めた給油機の番号を確認し、キャッシャーまで行く

                            ↓

給油機の番号を伝え、給油に必要な現金(デポジット)を渡す

                            ↓

自分で給油後、再びキャッシャーに行って給油機の番号を伝える

                            ↓

お釣りを受け取る

と、極めて簡単だ。
ただ、夜間は強盗に注意が必要。万一、襲われてもキャッシャーブースから店員が助けに出てきてくれることはない。
なるべく他にも給油をしている人がいるところ、明るいところで給油をすることを心がけよう。

タイトルとURLをコピーしました