日本国憲法は日本国の憲法ではない

明治政府によって、日本人の手でつくられた大日本帝国憲法は、先の大戦に於いて我が国が負け、連合軍による占領下に置かれた際に廃止され、屈辱的な占領憲法である日本国憲法がGHQの手によって、つまりアメリカ占領下に作られた、統治しやすい一時的な憲法でしかなかった。
勿論アメリカとしては、日本独立後には憲法を作り直すであろうと思っていた。
それが戦後70年経っても憲法を一度も変えていないことに、当時憲法を作った米国人は驚いていたという。
70年間憲法を変えていない稀有な国は日本だけではないだろうか。

日本人は憲法改正アレルギーがあり、なぜか自国の自主独立憲法を作るというのに反発が起こる。
今の憲法は占領憲法であるということをわかっているのだろうか。
平和憲法というが、それはそうだ、アメリカが理想とするお花畑憲法であるからだ。
日本人を骨抜きにしている最悪法である。

つまり、占領下であったが故に国防等緊急事態の対応は米軍が行うという前提であったため、武力、戦争の放棄をうたっており、関連する規定は記されていない。
昭和22年(1947年)日本が独立した時点で改正すべきであった。

武力即ち防衛である。
武力なくして平和はあり得ない。
自衛のためには先制攻撃も必要だ、攻撃は最大の防御なり、と言うではないか。
そもそも、攻撃されてから反撃するのでは遅すぎる。
冷静に考えてみれば、攻撃された後では反撃が出来ないかも知れないではないか。
核ミサイルを首都に打ち込まれたら指令機能が麻痺し、反撃できないではないか、単純な話。

自衛隊を今こそ軍に変え、陸・海・空軍を創設するべきである。
既に英語の表現では軍ではないか。
現行憲法を変えられぬうちは、未だに米軍占領下にあるのと同じであり、我が国は真の独立国家ではないということである。

それで良いのか! アメリカの属国あるいは自治州の域を出ないがそれで良いのか!
アメリカ人の多くは、今でも日本はアメリカの占領下にあると思っているのだよ。
アメリカは日本を不沈空母として利用するために独立させたくないどころか、戦中までの強い日本に戻って欲しくないのだ。
日本にある米軍基地は、日本を守るためにあるのではなく、日本が軍国化したら直ぐに叩くためにある。
日本人は牙を抜かれてしまっていて真実に気付かない。

我が日本国は自主独立国家にならなければならない。
そのためにも憲法の改正は絶対に必要なのである。

タイトルとURLをコピーしました