世の中、何かおかしい

アメリカで起こっている暴動、黒人に対する白人による差別が根底にある。
辛辣なことを言わせてもらえば、元々の出自が悪い(欧米における)。
奴隷として連れて来られた訳だから。
と、言っても白人が勝手に奴隷として連れてきてしまったので、黒人の所為ではない。

いくら平等だ、人権だと言っても根本的には拭えない問題であり、そもそも人間とは差別する生き物だからだ。
黒人は肌の色が黒いからということもあるだろう。
あれだけ他の人種に比べて肌の色が違っていれば差別の対象となるのは当然である。
差別されるのが嫌ならば、母国に帰ればよい。
日本にいる在日朝鮮人もそうだが、差別されるのが嫌ならば母国に帰ればよいのだ。

黒人の話に戻すが、私見であるが、黒人は自らの出自や社会的偏見の中で被害者であることの意識が強い。
そして、しまいには自暴自棄になってしまい、悪に身をやつし、徒党を組んで悪事を働く、学校にも早々に行かなくなってしまうため学力は低下し、社会に出ても一般社会では通用しない。
これは当然である。
差別を恐れず、勤勉に生き、誇りをもってアメリカの大地に根づいた日系人のように、そしていまアメリカで黒人の座を揺るがしているメキシカン達のように、それなりの地位を掴むべく生きればよい。
ただ愚痴を言っているだけでは黒人の地位は何も変わらない。
前向きに変わらないどころか、ますます地に落ちている。

悪事を働くから警察に捕まる。
捕まってから暴れる。
警察官も怖いから必死で抵抗されないようにする、または身を守るために発砲する。

悪いことをするからそうなるのであって、警察官が命を落とすことも多い、治安を守る者が死ななければならないのは甚だ理不尽だ。
一歩間違っていたら警察官が死んでいたかもしれないのだ、多分警察官が死んでも報道されないだろうし、世論も問題にせず埋もれてしまう。
何で悪いことをした黒人が同情され、正しいことをした警察官が責められなければならないのか。
ここをおかしいと思わないことが甚だ不思議である。
正しいことをして社会的に非難される有り様は、警察が委縮し、手出しできず、ますます犯罪が横行するだろう。
そしてまた世論は言う、警察は治安を守れない、と。

左翼やそれに類する反体制組織に騙されてはいけない。

よく考えてみて欲しい、北朝鮮やロシアのように不良警官が賄賂を要求したり、外国人観光者のパスポートを不当に没収して金銭を要求したり、そんなことが横行するアメリカではない。
一部にはそういう者もいるとは思われるが、公の面前で不当に逮捕して、容疑者を死に至らしめるだろうか?
しかもそれは警察官である。

悪事を働いていたから逮捕されたのだ。
犯罪者、悪人、体制を崩壊させようとする者を逮捕するのが警察官の仕事である。
職務を遂行したのだ。
善良な一般市民を守るため。

罪を犯す者に問題がある。
妙な情に流されるべきではない。

情があるならば、免職になってしまった警察官のことはどうでもよいのか、警察官にも家族があり生活がある。
自動車や家のローンもあるかもしれない。
病気の家族を面倒見ているのかもしれない。
警察官として職務を全うした方はどうなっても構わないというのか。

この世の中、何かおかしい。

タイトルとURLをコピーしました