死後の名前とは?

仏教では人が亡くなると戒名やら法号や法名など、死後の名前が授与される。(ことが多い)
本来は、やみくもに死者に与えるものではなく、生前に受戒を受け、仏弟子になった者が与えられるものだ。
漢字4文字から9文字の漢字の下に、信士、信女、居士、大姉、院号、院殿号、大居士、禅定門など、故人の生前の行いや身分、寺院への貢献度やお布施の額によって付けられる戒名や法名が変わる。
私は、それを知った時???であった。
み仏の前では誰しも平等であると釈尊は説いておられるというのに、死後の名前で差別されるというのは一体どういうことか。
地獄の沙汰も金次第ということか。
そんな馬鹿な!そんなことがあってよいのか!

生前に受戒して戒名や法名を授かることは理解できるが、信士や居士、院殿号で差別化を図る必要などないのではないか。
さらに言わせてもらえば、受戒を受けていない者に対しては、別に生前の名前のままで良いのではないかと思う。

生前の名前が山田太郎だった場合、山田太郎之霊位で良いではないか。
神道では山田太郎之命(やまだたろうのみこと)だ。

幕府の権威や朝廷の権威の下に存在した日本の仏教は、少々本来の仏教とは異質のものとして発展したのだろう。
ただ、重要なことは誤りを正していくことであり、悪しき伝統という亡霊にしがみついていてはいけないのだと思う。

タイトルとURLをコピーしました