働かない人

意図的に働かないのか、本当に仕事ができないのか、または働いているふりをしているだけなのか、そういう人は必ずどこにでもいるものだ。
楽をして収入を得たい、働かずして給料をもらいたい、つまり義務を果さず権利だけその恩恵にあずかりたいと、そういうことだろう。
真面目に汗水流して働いている人より、上述のような要領の良い者の方が高収入を得ていることは否めない現実もある。

この世の中、真面目に生きている者は損をするとはよく言ったもので、確かにそんな世の中だと思うし、そうであってはならないと思う。
だが、忘れてはいけない、人生は平等にできている。
人の一生もそうだ。
苦があれば楽があり、楽があれば苦がある。
金持ちだからといって幸福だとは限らない。
外からは見えない苦労をしている者は多いだろう。

外見では誰もが何もない、普通の生活をしているように見えるが、人とはそんな単純なものではない。
みんな多かれ少なかれ悩みや苦労を背負っているものだ。

働かない人を責めてはいけないし、憧れてもいけない。
自分は自分、人は人、己の生き方を貫けば良いのではないだろうか。
正しいことをしていれば良い報いを受け、悪いことをしている者は悪い報いを受けるのが世の常だ。

己を信じて生きていくことが大切なのだと思う。

タイトルとURLをコピーしました