國防

国防と聞くと国防色の軍服に旭日旗、そして戦争を連想してしまう人がいると思うが、国を守る大事なことだ。
国防とはつまり自衛、防衛のことだが、我が国のある政党の方々はそれすらも放棄しろ、軍隊、つまり重火器で国を守る機関は不要だと言っている。
では、一方的に他国から攻め込まれたらどうするのか?
銃口の前にひれ伏して命乞いをするのか?
そして国をご丁寧に無抵抗で引き渡してしまうのか?
我が国は、日本国は、消滅して中国やロシアになってしまっても良いと言うことか?

で、あれば、今の内から中国語やロシア語を勉強し、粗食に耐え、過酷な労働や拷問に耐えうる肉体を造っておかないといけない。

憲法改正を反対している方たちは、いったい上述の事をどのように考えているのか、同じ日本人としてどうなのか、その方たしの話をお聞きしたいものである。

さて、国防に関する問題は山積しており、一刻も早い法整備、憲法改正が必要なのだが、如何せん立憲民主党や国民民主党、共産党や社民党などが足を引っ張り、どうでもよいことを問題にし、例えば桜を観る会やモリカケなど取るに足らないことで、ただいたずらに審議に応じず、さらには勝手に予算委員会をほったらかし、報酬をもらっているにもかかわらず退室してしまうなど、正に亡国の輩としか思えない。
反対ばかりで代替案もなければ具体的な政策もない、烏合の衆ではないか!
これらの政党の方々や支持者の皆さんは中国や朝鮮の工作員なのか?と思ってしまう。
国のことをまったく考えていない連中なのだろう。

中国人や朝鮮人が日本の不動産を購入し、自国民をどんどん入植させて帰化を促進し、穏やかに気付かれないように武力を使わない侵略を始めている現実を直視しなければならない。
さらに海洋資源も脅かされ、漁業に携わる方々は仕事が思うように出来ずにいる。
海上保安庁の巡視艇もせいぜい放水ぐらいしかできないから、やられるがまま。
現行法では、内閣総理大臣の許可が無いと火器を使用した反撃ができないという何とも理不尽な状況下にある。
最前線で敵と向き合っている現場の制服組は見殺し状態だ。
要するに武器を持っている相手と戦えないということである。

最近では火器を所持した軍人が我が国の排他的水域内で、巡視艇を威嚇しながらやりたい放題漁を行っているのだそうだ。
現場の判断で応戦できないから日本側はただやられるか逃げるだけ、丸腰の者が銃を持っている者と戦っているのだ(戦いにはならないが)。
日本人は死ねということなのか。
この矛盾と怒りを如何にすればよいか。
現場の人間は見殺しか。

早急に解決しなければならない大問題ではなかろうか。

タイトルとURLをコピーしました