お中元とお歳暮

お世話になった方、或いは、なっている方に感謝の想いを伝えるために贈り物をする風習。
感謝の気持ちを伝えているだろうか。

さて、お中元は元々中国の風習だと言われている。
暦では1月15日上元、7月15日中元、10月15日を下元として3つに分けており、中元の7月15日は贖罪の日とされていた。

お歳暮は日本古来の風習で、元々年の暮に行われる御霊祭(ご先祖様をお祀りする行事)のお供え物として贈られていた。
その後、親戚や分家に品物を贈る行事に変わったっていったが、時が下るにつれて一年の感謝を伝えるための行事として定着したといわれている。

夏にお中元、年末にお歳暮を贈って感謝を伝えるこの風習は、意味は変われど大事な慣わしではないだろうか。
お中元は一般的に東京では7月初旬から7月15日まで、関西では7月中旬から8月15日までに贈る。
一部の地方では異なるところもある。
お歳暮は12月13日から12月20日までに贈るのが一般的であるが、地域差があるので要注意である。
贈る側、贈られる側どちらかが喪中であっても贈って良いとされている。

受け取ったらなるべく早くお礼状を書き郵送で送るのが一般的である。
ちなみに、お中元、お歳暮ともにお返しは不要。
大切にしたい習慣だ。

お返しをしたい場合は、時期をずらして暑中見舞、残暑見舞などとして贈ればよい。

ただ、何れにしても贈り物は気持ちの問題、心がこもっていることが大事だ。
ありがとうという感謝の気持ちを込めて贈ることだ。
自己の感謝の念を品物に乗せて贈ることが大事であり、それは必ず受け取る側にも届くはずである。

また、贈る際にいろいろ考えてしまうのも人間の性であろう。
夏には涼やかなもの、冬にはクリスマスや正月に食べられるもの、子供がいれば子供が喜びそうなもの、受け取る側の人が酒好きであれば酒、肉好きであればハム類、甘党であればスイーツなど、正直キリがない。
しかも、そんなことを考えていると、なかなか決まらない。
だから、余計なことは考えずとも好いよい、自分がいいなぁと思うものを贈ればよい。
後は受け取った側の判断に任せればよいのだ。

自分で食べるのが嫌なら近所や職場で配るというもの、それはそれでまたその人が周囲から喜ばれて良いのではないだろうか。

そして、お中元やお歳暮などは、食べて消えるものが良いと思う。
形に残る物は、相手の趣味の問題、置き場所、既にあるなど、いらぬ気を遣わせてしまう。
それだけならまだしも、贈り主と頻繁に会う機会がある場合は、贈られた物を使っていないと気を悪くするのではないかと余計な気を遣わせてしまうことにもなりかねない。

そう考えると、贈り物は食品の方が良いと思ってしまうのである。
最後に気を付けるべきは、贈った後に「あれどうだった?」などと訊いてはいけない。

タイトルとURLをコピーしました