徳川幕府からみた明治維新

『明治維新』とても嫌な響きである。
新しい時代の幕が明けたのではない、後退したのだと思っている。
徳川幕府は変わろうとしていた、新しい時代に向けて。
朝廷を利用してその行く手を阻み、随分遠回りして時代を後退させてしまった。
そして何より多くの尊い命が無駄に失われた。
つまり、あの明治維新のゴタゴタはフリーメーソンの介入を許し、武器商人の懐を肥やすための仕組まれた内戦であったのだ。
その先頭に立っていたのが武器商人である坂本龍馬である。

幕末の愚かな志士といわれる者たちは、こぞって倒幕を口にし、政治的利用ができなかった孝明天皇に毒を盛ってなきもとし、利用しやすい明治天皇を即位させた。
大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允、坂本龍馬、伊藤博文らは言うに及ばず、これらの者たちは大罪人である。
この時期、明治天皇すり替え説などというキナ臭い話さえある。

昭和4年、宮内大臣であった田中光顕(たなか みつかね)氏が「ある時点で明治天皇に即位した睦仁を毒殺し、別人にすり替えた」と言ったことが残されている。
田中光顕氏曰く、すり替わった明治天皇は大室寅之祐(おおむろ とらのすけ)という人物らしい。
南朝の血筋で後醍醐天皇の血筋と言うことになる。
そしてそのすり替えを行ったのは長州藩だと言われている。
吉田松陰は『南朝正統論者』で、弟子の伊藤博文もその影響を受けていたと言われる。

ことの真意は定かでないが、斯様な話が出ること自体、明治政府は曖昧なものではなかったかと思うのである。

タイトルとURLをコピーしました