日本の反体制的な人たち

我が国に限らず、何処の国にも反体制派や反体制的な思想を持った者はいるものだ。
日本において反体制派と言えば共産党や立憲民主党や社会民主党であろうか。
その他に小さい政党があるようだが、それは省く。
しかし、共産党などはその最たるもので、暴力革命、武力革命を党是としている非常に危険な政党である。
共産・社会主義革命のためには、血を流すことを厭わないということだ。
共産党が第一党になり、政権与党になどなってしまったらどうなるか、一党独裁、日本共産党委員長として君臨する志位さんが習近平のように振舞う独裁国家になり下がり、天皇は平民となり、自衛隊は人民軍と名を変え陸・海・空軍が創設され、党主導となるため憲法も名ばかり憲法を一方的に作り変えられ、反体制派は投獄されるか赤化教育矯正施設に入れられて徹底的に共産主義思想を叩き込まれる。
もしかすると、カンボジアのように収容所内で大量殺戮が行われるかもしれない。
企業は解体され、最も大事な自由を奪われて権利や義務など主張できない社会になる。
共産党支持者はそれで良いと思っているのだろうか?
現在、日本人が享受している自由がなくなることは理解しているのか?

こんなに住みやすく、保障制度が充実していて自由な国は他にないのではないだろうか。
そのことに気付かず、不満ばかり言っている者が多いことがとても悲しい。
健康保険、年金、自由に国内海外旅行が出来、信教の自由が保障され、人権が保障され、車も所有でき、職業選択の自由がある。
家や土地も買うことが出来、食べたいものをいつでも食べることが出来、欲しいものをいつでも買うことが出来る。
義務教育も受けられ、何人も大学まで進学できる。
他の国を知らないから、日本はこんなに素晴らしい国だということを当たり前に思っていて、有難く稀有なことだとは思っていない人が多いようだ。
本来、このようなことは特別なことであり、当たり前に享受できることではないことを知るべきである。
こんなに自由で素晴らしい国は他にはない。
自由や人権ほど尊いものはない。
反体制の者たちや、常に不満を抱いている者たちは、一体何が不満なのだろう。
そんなに不自由な暮らしを求めているのか?

反体制を唱え、文句があるのなら、この日本国から出て行けばよい。
支那や朝鮮、キューバやソ連にでも移住したらよいのではないか。
他を知らぬからそんな態度をとれるのだ。

ちなみに、あのまま民主党が与党のままだったら、きっとこの国は世界一の貧乏国になっていただろう。
そして、自由も人権もない最低の国家になり下がっていた。

現在の自由民主党政権の世の中を客観的に見て欲しい。
世界の国々から日本人が羨ましがられていることをご存知だろうか。
海外から客観的に見た日本は、我々日本に住む日本人よりも遥に素晴らしい、外国人から羨まれる国なのだということを知って欲しい。

消費税がちょっと高くても、もっと高い国は沢山あるし、社会保険料だって他国に比べたらとても安い。
救急車は無料であり、警察官はすぐには発砲しない。
公共交通機関は時間正確で綺麗、小売店は商品が豊富で、飲食店も沢山ある。
タバコや酒などの嗜好品も購入しやすく、しかも安価であり、国内旅行も自由にできる。
海外旅行も自由にでき、しかもパスポートは世界中ほぼすべての国に影響力があり、ビザなしで入国できる。
義務教育は充実し、給食もあり、多少は治安は悪化してきてはいるが、基本安全である。
公共交通機関の料金も安く、文具も豊富で使いやすい。

日本に一時的に住んだ外国人は帰国したがらないという。
現にそのまま日本に住み続ける方々も大勢いる。

日本人はもっと自国に誇りを持つべきだ。
反体制的な者たちの誤った意見を鵜呑みにしてはならない。

タイトルとURLをコピーしました