日本人いかほどか

武漢ウイルス蔓延を受け、日本人の真実の姿を垣間見た。
民度が高いとは言い難いという印象を受けた。

オイルショックにはじまり、東日本大震災、今日の武漢ウイルスと、有事における日本人はパニックを起こすのか、トイレットペーパーやティッシュペーパー、マスクや消毒液関連商品を買い占めている。
もちろん、使用するためだろうが、中には日本人であっても転売する者がいるのだから驚きである。
買い占めて転売しているのは中国人だと決めつけている者達がいるが、決してそうとは言い切れない。
日本人が中国人に多量に転売しているケースも多く見られた。

買い占めの連鎖は非常に恐ろしい。
自分さえ良ければそれでよいという考え方なのだろうが、自分の買い占めによって本当に必要とする人たちに行き渡らないのではないか、という思いにならないのか。
何も無い平時は普通の善良な市民として暮らしているが、有事の際には本当の姿を見ることができる。

今回のこのマスクと消毒液の品切れには心底驚いたと同時に怖くなった。
先進国でありながら、瞬時に店頭から悉く消えてしまうこの状況は、まるで別世界だと感じる。
恥を知れ!と言いたい。

タイトルとURLをコピーしました