危機管理の欠如

我が国、日本国は甘すぎる!
新型肺炎が武漢で発生した時点で直ちに中国人の入国を禁止すると共に、航空機の中国乗り入れを禁止し、日本人の中国渡航を禁止するべきだった。
ましてや、武漢からの日本人帰国者を受け入れるなど、言語道断である。
多くの国民を犠牲にしてまで受け入れる必要は本当にあったのか?

関わった人間が感染し、職場、自宅、街中で拡大し、次々に感染していく。
政府は一体何を考えているのだ。
後手後手になった挙句に国民を恐怖に怯えさせるとは。

中国政府は団体旅行だけではなく、個人旅行も禁止し、海外に渡航させるべきではない。

拡大してからでは遅い、初期段階で躊躇なく規制を行わなければならない。

日本政府は早々に外国人を規制する法律を整備しなければならない、とにかく規制をすることが急務である。
外国人の入国についてだけではない、不動産の取得等についてもだ。
中国による静かなる侵略はもう始まっている。
もしかすると、今回のこの新型肺炎コロナウイルスも、不可抗力を装った中国の戦略なのかも知れない。

斯様な状況下でありながら、民○のお花畑の方々は桜さくらと言っている。
こんな人々が一時でも政権を担っていたとは、本当に恐ろしい話だ。

いま、マスクが不足している。
東日本大震災の時は水が不足していた。
先進国なのに?災害に脆い国だと感じるのは私だけだろうか。

タイトルとURLをコピーしました