台湾

中華民国という国は元々中国大陸にあった国だ。
台湾とは、台湾という地名であって国名ではない。

明の後に清という国が興り、清(大清帝国)を倒して樹立された国が中華民国である。
南京を首都に定めた国である。
ちなみに、今でも中華民国 国民党は首都を南京と定めており、台湾の台北を暫定首都としている。

大日本帝国による満州国樹立と欧米列強による中国大陸侵略保護のために出兵していた旧大日本帝国陸軍と交戦していた中華民国は、
大日本帝国が連合軍に対して無条件降伏した後、後方に控えていた中国共産党人民軍と戦うことになった中華民国は敗れ、台湾へと逃走した。
中国本土は、毛沢東率いる中国共産党が中華人民共和国を樹立し、正式に認められた。

国民党は台湾に敗走して現在に至るまで、反撃の機会を狙っているのだが、その願いも叶わぬまま現在に至っている。

ちなみに、台北に故宮博物院なるものが存在するが、これは国民党敗走時に紫禁城(故宮)から持ち出した宝物の数々を展示している博物館である。
本家本元の紫禁城には宝物はほとんど無いという。

台北の街は、まるで東京だ。
市内には鉄道が網羅されており、日本製の電車が走っている。
街中には青山や青木、セブンイレブンやファミリーマートがあり、日本語の看板がそこかしこに氾濫している。
コンビニエンスストアで売られているおにぎりや弁当も日本語で表記されている。
本当に、ここは日本ではないかと錯覚すら覚える。

また、日本語を話せる人達が多く、薬局などに行って薬の相談なども日本語で普通に応じてもらえる。

我が国とは正式な国交はないが、民間レベルでは非常に交流が盛んだ。
そしてなにより、台湾総統府の建物は、旧大日本帝国台湾総督府であったものをそのまま使用している。
その他、大日本帝国統治時代の建物が民家も含めて多数残っており、今でも普通に使われている。

日本統治時代の台湾を知るご老人は、日本統治時代が住みやすくて本ように良かった、学問を身に着けることが出来た、鉄道を敷き、道路を整備し、治山治水工事を行い、学校を作って教育を施し、とても感謝していると話す。
私も個人的に台湾は大好きだ。

台湾には良い所が沢山ある。
多くの人に訪問してもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました