アメリカ合衆国への入国について

数年前から米国へ入国する場合は、ESTA(エスタ)への登録が必要になり、事前に14ドルを支払う必要がある。
PCから在日本米国大使館のホームページにアクセスしてESTAのサイトから氏名、住所、旅券番号、両親の氏名、利用便名、滞在先名と住所等必要事項を入力する。
一通り入力を終えると、支払い画面に変わるので、クレジットカードで決済を行う仕組みだ。
1回の登録で2年間有効。
これを登録しておくと、機内で配布されるビザ免除の入国書類の記入が免除される。
しかし、税関申告書の記入は必要である。

米国の空港に着いてESTAに登録している旅行者は、ESTA専用レーンに並び、機械でセルフ入国審査を行うことが出来る。
予めESTAに登録していない旅行者は、機内で記入した入国書類を有人入国審査レーンに並ばなければならないのでご注意を。

ところで、ESTA登録組がセルフレーンに並んでも、なぜかその無人機から出たレシートを持って、これまた専用の有人入国審査を受けなければならないのだが、だったらセルフ審査は意味をなさないとおもうのだが。
明らかに2度手間だと思う。

米国のやることは、いちいち理解できないことが多い。

その後、税関ブースで税関申告書を提出して到着ロビーに出ることになる。

※ESTA・・・Electronic System for Travel Authorization の略。(電子渡航認証システム)

タイトルとURLをコピーしました